茜会婚活ブログ

Blog

2018/06/11

男性がシニア婚活を成功させる秘訣

みなさんこんにちは。茜会です。

シニア婚活をされている男性会員の方のなかには、「活動がどうも上手くいかない」と悩んでいる方も多いです。「申し込んでもお断りされてしまう」、「デートで何を話していいかわからない」、「どんな人に申し込んでいいのかわからない」、「理想に合う人がいない」など、これらは長い間恋愛から遠ざかっていたシニア世代の方が婚活をすれば、必ず一度は経験する困難です。そして、結局、途中で諦めて退会してしまう方は少なくありません。しかし、そのような方は、少し気持ちの持ち方を変えたり、行動パターンを変えるだけで、随分順調に進むようになるはずですので、諦めるのは早いです。せっかく重い腰をあげて婚活を始めたのですから、良いお相手を見つけて成婚退会をめざしましょう。

 

一つ目は、条件や見た目にこだわらないということです。これまでいろいろこだわりもあったかもしれませんが、今後一緒に人生を歩んでいける人を探すことが最優先です。あまり容姿や年齢を重視せずに、広い気持ちで相手を受け入れるようにしましょう。例えば、年齢にこだわって、年下でなければ嫌だとか、若い方がいいというようなことは、絶対にプロフィールに書くべきではありません。「いい年して・・・」というようにあきれられてしまいます。懐の広さを見せて、「年齢や容姿には全くこだわりません」と書くようにしましょう。

 

二つ目は、気持ちを若く持つことです。年寄りじみた言動は控えましょう。自分をへりくだって、「私のような年寄りは」といようないい方もタブーです。相手を立たり、謙虚な態度を示しているつもりかもしれませんが逆効果です。むしろ、「気持ちだけは若いです!」と張り切った態度のほうが、前向きさが伝わります。容姿にも気を配り、若作りをする必要はありませんが、清潔で爽やかであることを目指しましょう。不潔な服装や体臭などには気を付けるようにしましょう。

 

三つ目は、過去の話をしすぎたり、これまでの生活にこだわりすぎるのはよくありません。その年代になると、再婚や死別という方がほとんどです。しかし、前妻の方との生活の話をしすぎるのは相手に過去を引きずっている印象を与えます。これまでの生活は良い思い出として心の引き出しにしまっておき、できるだけ将来の話をたくさんするようにしましょう。これからどのような生活をしたいか、どんなことを一緒にしたいかというような楽しい話がよいでしょう。

 

四つ目は、相手の生活スタイルや趣味などにできるだけ合わせるようにすることです。特に年齢が若い方とお付き合いをするなら、結婚後はこれまでの人生にはないことにチャレンジしなければばらないかもしれません。それでも受け入れる努力が必要です。例えば、家事を手伝ったり、休日はお買い物に付き合うなど、最初は慣れないこともあるかもしれませんが、第2の人生をスタートさせるつもりで、何でもチャレンジしていきましょう。

 

このように、できるだけ前向きな気持ちで婚活に取り組んでいくことがシニア婚活を成功させる秘訣です。積極的に新たな出会いを楽しんでいくことが何より大切です。