茜会婚活ブログ

Blog

2017/11/23

結婚適年齢・続編 №009 

周りから妬まれそうな若い女性と結婚した男性、

仲間うちでは、俺はこんなにもてるのだと自慢できるし

彼女からは色々なアドバイスを貰い大分若返りました。

なかなかのご満悦のようであちこち連れまわしたのですが

しかし世の中、なかなかうまいことばかりではありませんね。

毎日食べる食事の好み、

決定的だったのは、パスタなどのゆで方の違い

女性はきりっとしたアルデンテ、男性はプヨプヨ系。

その他にファッションセンスの相違など

それは半世紀にわたる生活スタイルの違いからきていました

肝心の趣味まで、なかなか折り合わなかったようです、

家事の役割分担などで、一方的にたのまれることが多く

少しずつ微妙なずれがふえてしまったとの事です。

 

特に性の問題については、お二人とも健康でいつまでも

求めあえる関係が続けば良いのですが

なかなかそうはいかないようです。

そうですよね、元々歳がかなり離れているわけですから

一般的に、男性の方が早めに元気がなくなるようです。

女性だって個人差は別として、

もういいですよという人、いや死ぬまでですよと

折り合うことのむずかしさはありますね。

 

話は合わないし、趣味も違い苦労することになります

大人の関係ですから十分に話し合い

うまく折り合えばいいんですけれど

せっかくのご縁と思いお互いに努力をしても

なかなかつらいものが有りますからね。

その男性、結局別れてしまう事になったようです

不釣り合いは不仲の元とも言われてはいますが。

 

ゆくゆくは介護の問題も同じころに始まることでしょうし

本来なら同じ人生を歩むのですから、

この世を終わるときにも

一緒ならなんと心強いことでしょうね。

誰がいつ頃決めたんでしょうか、男女の年齢差婚なんて。

 

代表 川上