茜会婚活ブログ

Blog

2018/08/07

お見合でお相手からOKをもらうためのNG言動3つとは。

みなさんこんにちは。茜会です。

中高年婚活をされている方に共通する悩みの一つとして、いつも第一印象で良い印象をもってもらえず、お見合いですぐに断られてしまうということです。中高年婚活の特徴としては、若い方の婚活のように何度かデートを重ねて答えを出すというよりは、最初のお見合いで判断される方がほとんどだということです。年齢的にも長々と交際をしてから結論をだすよりも、できるだけ早く結婚相手を探したいと希望している方が多いので、お断りを受ける方も多くなっています。そのような方の特徴は、次のような3つのタイプに分かれます。

 

一つ目は、過去の栄光にすがるタイプ(傲慢タイプ)です。このような方は、若いころはもてた、仕事で成功をした、有名大学を卒業した、一流企業で働いた経験があるなど、過去の自慢話がとても多いということです。このような経験から、相手を見下してしまったり、傲慢な態度をとってしまう傾向があります。お見合いでも自分の自慢話ばかりしたり、自分本位な行動が目立つことがあります。このようなタイプの方は、異性に威圧感を与えてしまったり、デートで疲れさせてしまいます。特にシニア世代の方は、相手に安らぎや家庭的であることを求めているので、結婚相手としてはとても考えられないと思われてしまいます。

 

二つ目は、責任放棄タイプです。中高年婚活をされている50代以上の特に女性のなかには、本来は主体的にすべき婚活を他人任せにしたり、依存しすぎるタイプの方がいらっしゃいます。婚活で大切なのは、断られてしまう原因を他者に押し付けてしまうのは、感心しません。結婚情報サービスのようなお相手の情報提供をする会社は、あくまでも双方の合意でなければ、お見合いにはなりません。お相手のプロフィールを確認し、相手がOKすればお見合いとなりますが、お相手からお断りをされてしまいますと不成立となります。無駄が省ける分、リスクとなってしまうのも事実です。お見合いができない方には、できるだけお見合いになるようにアドバイスをさせていただきますが、相手に求める希望条件で厳しい方(とくに女性)がいらっしゃるのが現実です。実際お見合いになったとしても、積極的さが見られず、お相手には「もしかしたら結婚する気があまりないのではないか」という印象を持たれてしまいます。このようなタイプの方は結局断られてしまいます。

 

三つ目は、完璧主義タイプの方です。先ほどもお話しましたように中高年婚活をしている男性が一番に求めるのは、安らぎです。そのため、家庭的で優しい女性に魅力を感じるのですが、それに相反するような完璧主義でいつもきちんとした女性には緊張感を感じます。一緒にいるとどうも気持ちが落ち着きません。自分に厳しく目標をもって努力しているようなタイプの方であれば良いのですが、人に厳しかったり、常に相手に完璧さを求めるような方は、シニア世代の方には特にお断りとなるタイプです。

 

いかがでしたでしょうか。お見合いを申し込んでも断られてしまう、お見合いをしても断られてしまうのは、これらが原因だったのかもしれません。何か思い当たることがあれば、できるだけ嫌われてしまわないように注意しましょう。お見合いでOKをもらうには、常に謙虚で、自立心があり、相手に安らぎを与えること。これらが大切です。